炎上商法なんて言いますが、
美味しいのは芸能人だけじゃないですか?

炎上商法とは、

「芸能人がテレビなどで故意または意図せず、
視聴者の反感を買ってブログやSNSが荒れて、
人気が出たり商品が売れる」

事です。

芸能人だけだと思ったのですが、
地方のゆるキャラもこれで人気に火が付いたみたいです。

それもひっくるめて
結局、タレント業しか使えません。

飲食店が他のお店を妨害したり、
企業が露骨に敵対会社の悪口言ったり、
同僚の悪口を言ったりしたら
こっぴどく叱られますよね。

信用無くしてお店が潰れたり、
大々的に謝罪したりしなきゃ
収まらないかもしれません。

なので、普通の生活をしていたら、
なかなか出来ませんよね。

以前、Aさんから

「YouTube動画で炎上商法狙って、
敵対心を煽る動画を作ろうと思います。」

って相談受けましたが、
即答で「辞めた方がいいですよ。」と伝えました。

その方が言うには、

「韓国政治系動画がありますよね。
あんな感じで動画作って、
コメント欄を荒れたら見る人多いわけですから。」

という事らしいです。

私からしたらコメント欄が荒れるだけで嫌です。
コメント欄で喧嘩して、
YouTubeに通報されたら一発でアウトですしね。

また、韓国政治系動画をよく、
炎上商法と勘違いされている方いますが、
日本に住む日本人に向けた動画になっています。

これは共感を覚える動画になっています。
そもそも在日の人がわざわざそんな動画調べませんから。

このジャンルで消される動画は、
攻め過ぎというか、考えたら分かるよね。。。
って動画ばかりだと思います。

万一、Aさんが言う動画を完全オリジナルで作ったとしても、
現在のYouTubeポリシーに引っかかってるかもしれないので、
やる理由があまりありません。

白石さんが作った動画は、
コメント欄が荒れてますが、
YouTubeポリシー違反動画ではないです。

見たことない方はこちら↓↓↓

敢えて炎上させる必要はないわけです。

でも、炎上ネタに少しだけ切り口を変えて
世間が関心のある動画を作ったら
公開直後から再生回数が伸びます。

実際に作った動画の再生回数はこちら

http://hamanaka-official.com/wp/wp-content/uploads/2016/02/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95-1024×468.png 

私のチャンネルで
ここ半年の内、一番伸びた動画みたいです。

YouTubeでは、炎上しているネタを
どう扱うかで再生回数を伸ばす事が可能です。

タイトルだったり
サムネイルだったり
動画の切り口だったり

etc…

是非とも、考えている事を
実際に動画にして実行してみて下さいね。

来月はYouTubeが一番熱い

3月ですから!

2月はやり切りましょうね!

それでは、今宵も張り切っていきましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

濱中亮一のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■