こんばんは。濱中です。

一昨日から外注化について
お伝えしてきました。

整理してみましょう。

一昨日のメルマガでは
【外注化の概要】

昨日のメルマガでは
【外注化のやり方】

をお伝えしました。

本日は、運用についてお伝えします。

例えば、
クラウドワークスで外注さんを募集します。

1.タイトル

2.金額

3.募集要項

を決めないといけません。

タイトルについて説明します。

タイトルはシンプルで
親しみのやすいキーワードがいいです。

【初心者大歓迎!】
のワードを入れたりして、
誰でも気軽にクリックをできるようなタイトルにしましょう。

ベテランの外注さんが応募するかもしれませんが、
初心者も来るかもしれません。

まずは応募者の間口を広げる必要があります。

間口を広げる為には、
初心者もクリックするような
気軽にクリックしやすいタイトルにして下さい。

次に金額です。

これは、高くても安くても
どちらでもいいです。

金額が高いとベテランが来る率は高まり、
金額が低いと初心者が来る率が高まります。

どちらがいいというのはないですが、
ご自分でいくら払えるかを考えて
金額を決めて下さいね。

お金に余裕があったら、
高い金額でも問題ないかなと思います。

最後は、募集要項です。

ここは、割と重要です!

クラウドワークスでは、
募集金額を最初に設定します。

ですが、後から応募者に相談して
変更する事ができます。

ですので、最初から金額は変更する旨を
応募欄に記入しておきましょう。

「最初は試しに10本作って頂いて、
10本 × 単価 の金額をお支払いします。」

上記の一文を記入すればいいです。

例えば、
動画50本で単価120円、
金額6000円で募集したとします。

応募者が来たタイミングで、

「最初は、10本 × 120円 で 1200円でお願いできますか?」
「問題なければ動画を10本まずはお願いします。
その後、お互い問題なければ残り40本お願い致します。」

と連絡すれば、大抵了承してもえらえます。

私の場合、無駄なお金を払いたくないので、
さらに石橋を叩いて渡ります。

クラウドワークスでは、
前払いでお金を払ってからお仕事をお願いします。

ですが、応募者には
完全納品されてからでないと入金されません。

要は、前払いした金額は、
クラウドワークス上の自分の通帳に貯めておくことができます。

ですので、私は最初の作業依頼は、
ネタを自分でピックアップして
動画をまずは1本作ってもらうようにしています。

そこでやる人、やらない人分かれます。

作業をしてくれた人にはアドバイスなど改善していって、
徐々に作業をしてもらう流れを踏んでいます。

これまで、1本も作れなかった人に対して、
1円も払わなくてもトラブルになった事がないので、
是非とも実践してみて下さい!

長くなりましたが、外注化について
超重要な事を記載していますので、
実際にやってみて下さいね!

最後になりましたが、
ほぼほぼ外注さんだけで作ったチャンネルの
収益をこっそりお見せします。

http://goo.gl/0xJDrC

期間は半年足らずですが、
外注さんだけでここまで稼げたらいいっすよね~

それでは、今宵も頑張っていきましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

濱中亮一のさらに濃厚な情報をメールマガジンで配信中!

無料ですのでお気軽に登録下さい ⇒ 登録はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■